専門スキルアップ留学

保育士(チャイルドケアワーカー)を目指す留学

保育士の需要

オーストラリアやカナダは移民の国なので、幼稚園、保育園も国際色豊かな環境です。
子供たちのバックグラウンドは何十ヶ国にものぼり、肌や髪の色もさまざまで、子供たちはそんな国際的な環境のなかでのびのびと楽しい時間を過ごしています。
現在オーストラリアでは、チャイルドケアワーカーやチャイルドケアセンターが不足しているため、今後、需要も多くなると十分考えられます。

オーストラリアで保育士になるためには…

オーストラリアで保育士として仕事をするためには、Certificate III以上の保育士としての資格が必要です。
Certificate IIIを取得するためには、まずはIELTS5.5以上を取得し、保育士の免許が取れる専門学校に通います。そこで規定の成績をおさめ、コースを修了するとCertificateIIIを取得できます。

さらに上の資格を取得したい場合は、Diplomaコースを受けることができます。専門学校によっては、CertificateIIIとDiplomaのパッケージプログラムがあり、より短期間で2つの資格を取得することができます。

IELTS5.5相当の英語力があるかどうかは、専門学校にお申込みをする前に学校のレベルチェックテストを受けることで査定ができます。
もしIELTS5.5相当に足りない場合は、一定期間語学学校にて、英語コースを受講することで、IELTSが免除になり、専門学校に進学することができるようになります。
この査定テストは、無料で受けることができます。詳しくは、当社アンアルウェンにお問合せください。

オーストラリアで保育士として働けるビザ

オーストラリアで、保育士として働くためには、就労許可が出るビザを取得する必要があります。
・ワーキングホリデービザ
18~30歳までの方は、ワーキングホリデービザを取得できますので、ワーキングホリデービザで就労するのが一番簡単な方法です。
・TRV
Diplomaコースを修了するとTRV(トレーニングビザ)を取得できる可能性があります。TRVを取得し、オーストラリアで保育士として働くことが可能です。
・コース期間中に仕事をする
CertificateIII受講後、Diplomaコース受講期間中にチャイルドケアセンターで有給の仕事をすることが可能です。

専門学校ではどのような勉強をするの?

人気のチャイルドケアコース(Children’s Services)は、0歳児から6歳児までのケアの仕方や、心理・身体発達について学習します。
学習内容については、専門学校によって多少変わってきます。またCertificateIIIにするか、Diplomaコースも受けるかによってもカリキュラムが変わってきます。

  • カナダ留学
  • アンアルウェンの留学サポートブログ
LINE公式アカウント LINEで即対応します!