留学サポート

オーストラリアで大学留学

オーストラリア留学 留学サポート 留学エージェント

オーストラリアに37校ある大学のうち、私立大学は3校のみとなり、州立大学が大半を占めています。
そのうちの上位8校が「グループ・オブ・エイト」(※)と呼ばれる連盟に加入しており、学生の相互交流や合同シンポジウムなどを開催しているエリート校です。
オーストラリアの大学には一般教養科目はなく、初年度(大学1年時)から専門分野の科目を履修します。
オーストラリアの大学では、主に専門分野の研究やリサーチを行います。学生は、研究内容を発表したり、レポートを提出したりなど、一定のテーマに関して討論することを要求されます。

「グループ・オブ・エイト」とは
オーストラリアの大学の中で特に優れた下記8校の大学が「グループ・オブ・エイト」と呼ばれていて、
オーストラリアだけでなく世界各国の優秀な学生からも人気の大学になります。

  • オーストラリア国立大学
  • ニューサウスウェールズ大学
  • シドニー大学
  • アデレード大学
  • クイーンズランド大学
  • メルボルン大学
  • モナッシュ大学
  • 西オーストラリア大学

オーストラリア大学留学のメリット

安全性が高く過ごしやすい

オーストラリアは治安も良いので留学先で安心して過ごすことができます。
また、日本と時差も少ないので連絡が取りやすかったり、全般的に過ごしやすい気候のため温暖な気候で留学生活を楽しむことができます。

教育の質が高く、学士を3年で卒業できる

オーストラリアの大学はほとんどの大学が国公立であり、教育の質が高く世界大学ランキング100位内にランクインしている大学もあります。
また、オーストラリアの学士課程は3年なため留学費用も1年分抑えることができます。

世界各国の留学生と交流できる

オーストラリアは留学の受け入れに積極的なため日本だけでなく、世界各国から留学生と交流でき、いろんな文化や価値観を吸収することができます。

奨学金制度が充実している

オーストラリアの給付金制度は充実しており、返済型だけでなく給付型の奨学金も多いです。
奨学金をうまく利用して留学することができます。

アルバイトができる

オーストラリアでは大学へ行く際に取得する学生ビザでは週20時間の就労も認められていますので、柔軟にアルバイトができるので、在学中にも学校以外のプライベートも充実することができます。
また、アルバイトすることで留学費を節約できます。

オーストラリア大学留学のデメリット

日本より学費が高い

オーストラリアは治安も良いので留学先で安心して過ごすことができます。
また、日本と時差も少ないので連絡が取りやすかったり、全般的に過ごしやすい気候のため温暖な気候で留学生活を楽しむことができます。

日本人が多いエリアもある

オーストラリアは留学先として人気なためエリアによっては日本人が多いこともあります。
なるべく日本人が少ない先、日本語を話さない先で留学したいという方には、ご希望に合わせた留学先を紹介しますのでご相談ください。

オーストラリア大学留学の魅力

  • 教育環境がとても良い
  • 世界ランキング上位
  • 治安が良い
  • アルバイトができる
  • 比較的生活費が安い

オーストラリア大学の入学条件

日本の大学入学とは違い、オーストラリアの大学には、入試がありません。
入試の代わりに、英語力と最終学歴の成績で判断されます。

英語力

オーストラリアの大学に入学するためには、通常IELTS6.0~6.5ポイントが必要になります。 これはTOEFLでいう550程度(CBT213程度)に相当します。

成績審査

最終学歴の成績(英語版)を、オーストラリアの大学に出願するときに提出します。
英語力と最終学歴の成績をもとに大学が査定を行い、合否を判定します。
合格の場合は「Unconditional Offer」、条件付き合格の場合は「Conditional Offer」という合格通知書が届きます。英語力が基準に満たない場合は、「Conditional Offer」(条件付き合格)となります。
もし、英語力が基準に満たない場合は、大学や大学院に入学する前に、留学生迎の付属英語コースを受講することによって、条件付きで入学内定がもらえます。
日本の高校卒業後、オーストラリアの大学へ進学をする留学生は、ファンデーションコースを履修するよう求められるケースが多いです。
日本の高校卒業後、オーストラリアの大学に進学する場合は、「語学学校→ファンデーションコース→大学進学」という道のりを歩む留学生がほとんどです。

大学出願時に必要な書類

大学出願時には下記書類が必要になります。
また、以下書類に関しては原本または謄本を提出する必要がございます。

アプリケーションフォーム 各大学のHPからダウンロードが可能です。
留学生向けの願書をダウンロードするように注意しましょう。
卒業証明書 英文の卒業証明書が必要になります。
最終学歴の各学校で作成して準備しましょう。
成績証明書 英文の成績証明書が必要になります。
最終学歴の各学校で作成して準備しましょう。
ILTS等の英語力の証明 Academicでのスコアのみが受付対象です。

オーストラリア大学進学の方法

オーストラリアの大学進学には、3つの方法があります。
どの方法で大学に進学するかによっても費用が大きく変わってきます。
例えば、ファウンデーションコース経由の場合は、ファウンデーションの学費が約100-200万円は必要になります。
ファウンデーションコース経由ではなく、Diplomaコースから大学へ編入する場合は、ファウンデーションコースの学費が必要なくなりますので、その分節約できます。
学士号コースへダイレクトに入学するよりもディプロマコースを経由するほうが英語の入学基準が低くなるので、語学学校の費用も少なく済みます。

現在の英語力、高校の成績、これまでの活動内容によって総合的に判断され、どのプランにするかを決めていきます。

ファウンデーションコースから大学進学する方法

オーストラリアでは、プレゼンテーションやレポート作成・ノートの取り方といった大学で学ぶためのスキルを高校2、3年生の時に学びます。
ファウンデーションコースは、オーストラリアで高校を卒業していない留学生のためのコースです。

ディプロマコース経由で大学へ編入する方法

日本の高校を卒業したあと、ディプロマ(Diploma)コースで学び、大学へ編入する方法です。
ディプロマで取得した単位を大学へ単位移行することが可能です。大学へ直接入学する場合よりも成績や英語の入学条件は低めに設定されていますので、成績や英語の面で不安がある方にお勧めのプランです。

大学へ直接入学する方法

英語と成績が基準を満たした場合、大学へ直接入学ができます。
入学条件は大学により異なりますが、高校を優秀な成績で修了していることが必要になります。

オーストラリア大学の費用

オーストラリア大学の授業料は、大学や選択コースにより変わります。また文系と理系を比べると、理系の方が授業料が高くなります。最も高い学部は医学部で、180,000ドル前後必要となります。
オーストラリアの大学は、学士号を3年間で取得できるため、日本やアメリカの大学と比べ、1年分の授業料を安く抑えられるのが魅力です。また授業料は、ターム毎に分割して支払うことも可能ですので、3年分をまとめて払う必要はありません。

◆学費(年間)◆
学士号…$14,000~35,000
修士・博士号…$15,000~36,000
ファウンデーションコース…$9,000~14,000

こちらに加え、年間約$500~1,000のテキスト代がかかるとオーストラリア政府教育省の調べで分かっていますが、中古のテキストを安く購入することもできます。

公立大学と私立大学の学費の違い

オーストラリアには大学が40校しかありません。そのうち私立大学が3校で、それ以外は国公立になります。
日本と違い、私立だから学費が高いというわけではありません。
国公立でも「Group of Eight」と呼ばれるトップ8大学の学費は特に高く、年間300万円以上かかります。

例えば、国立大学のシドニー大学と私立大学のトーレンス大学のBachelor of Businessを比較してみましょう。

シドニー大学:48,000ドル/年間
トーレンス大学:25,120ドル/年間

オーストラリアの大学では留学生は年間約180~400万円の授業料がかかります。
国公立か私立かは関係なく、トップ大学のほうが授業料は高い傾向にあります。

おすすめの公立大学

マッコーリー大学
マッコーリー大学は、シドニー中心部からバス、もしくは電車で30~40分ほどの位置にあります。治安もよく、落ち着いたエリアで、尚且つシドニー中心部へのアクセスも簡単なので人気のエリアです。
日本国籍保持者には、年間5,000ドルの奨学金が給付されます。

Bachelor of Commerce:40,800ドル/年間
Bachelor of Information Technology:40,200ドル/年間

グリフィス大学
1971年に創立され、キャンパスは、ブリスベン、ゴールドコーストにあり、オーストラリア最大規模の大学のひとつです。
大学卒業後、即戦力となる人材を育成することをモットーに、最先端の教育プログラムを開発しています。日本人留学生に人気な国際ビジネスプログラムをオーストラリアで初めて開講した大学としても認知度が高いです。その他、ビジネス、ツーリズム(観光)、ホテルマネジメント、スポーツマネジメントの学部も人気があります。

Bachelor of International Tourism and Hotel Management:31,500ドル/年間
Bachelor of Information Technology:34,500ドル/年間

おすすめの私立大学

ボンド大学
ボンド大学は、全校生徒4,500名前後の小規模大学です。
オーストラリアは、2学期制の大学が多いですが、ボンド大学は、3学期制(Trimester)を導入しているため、通常3年かかるところ、2年で学位を取得することができます。

Bachelor of Commerce:43,200ドル/年間
Bachelor of International Hotel and Tourism Management:43,200ドル/年間

トーレンス大学
アデレード、シドニー、メルボルン、ブリスベンに拠点を持つ私立大学です。
留学生向けの奨学金も充実しています。返済不要の奨学金も多く、留学生の受け入れも積極的に行っています。
Torrens Universityの学士号は、通常は3年間ですが、アクセラレートは2年間です。できるだけ早く学士号を取得したいという人には、アクセラレートという選択肢もあります。

Bachelor of Business:25,120ドル/年間
Bachelor of Branded Fashion Design:30,880ドル/年間

オーストラリア大学の奨学金

オーストラリアでは、政府、教育機関、私立財団、州政府から奨学金をもらうことができる制度が整っています。
返済不要・給付型の奨学金が多いのも特徴です。
オーストラリアの大学・大学院の奨学金給付条件は、「成績優秀者」が対象になっているものもありますが、 比較的取得しやすいものもあります。
日本人なら全員対象になる奨学金もあります。
奨学金は、出願をすると自動的に査定されるものと申請が必要なものがあります。
大学によっても審査方法、出願方法が異なりますので、別途お問合せください。

大学・大学院で提供している給付型奨学金情報についてはこちら

オーストラリア大学の主な学科

  • 経営学
  • 獣医
  • 情報処理
  • デザイン
  • 看護学
  • 心理学
  • 教育学
  • マーケティング
  • 歯科
  • IT
  • ビジネス
  • 教育学
  • 芸術
  • 福祉
  • 言語学
  • ツーリズム
  • 会計
  • 航空学
  • 科学

留学生に人気の学科

オーストラリア大学の留学生に人気がある専攻です。オーストラリアは観光産業に力を入れているため、ホスピタリティーや観光学が人気があります。

観光学・ホスピタリティー (Tourism and Hospitality)

多国籍グルメ、ワインなどに恵まれているオーストラリアでは、観光・ホスピタリティー教育にも力を入れています。大学・大学院には、マネジメント、イベント運営、エコツーリズムなどの分野があります。

環境学 (Environmental Studies)

国を挙げて環境問題に取り組むオーストラリアは、環境技術先進国です。そのためハイレベルな教育や研究がおこなわれています。学習分野は環境管理、保護、科学、生物学など。

看護 (Nursing)

日本の看護教育と比べ、臨床研修時間数が平均で25%ほど多く、実践的に看護を学べます。既に日本で看護師をしていた人がキャリアアップのために履修するケースが増えてきています。

ビジネス (Business)

国際的ビジネスが盛んなオーストラリアでは、ビジネス学が注目を集めてきています。国際ビジネス、マーケティング、会計、経営などが特に人気です。

教育学 (Education)

幼児、初等、高等教育、または日本語教育などの分野が人気です。

USER’S VOICE

留学体験談

戸田美咲さん
  • お名前:戸田美咲さん
  • 留学先の国:オーストラリア
  • 都市:シドニー
  • 学校名:UTS シドニー工科大学
  • コース・専攻:TESOL(英語教授法)
  • 留学期間:1年半
  • アンアルウェンについて:アンアルウェンさんに相談をし、やりたいことを伝えて専攻について決めました!
カワカミコウヨウ様
  • お名前:カワカミコウヨウ様(北海道)
  • 留学先の国:オーストラリア
  • 都市:ゴールドコースト
  • 学校名:サザンクロス大学
  • コース:Study Abroadプログラム
  • アンアルウェンに一言:現地で生活する上でも様々なサポートをしていただいたアンアルウェン様に心より感謝申し上げます。
コモリマリナさん
  • お名前:カワカミコウヨウ様(北海道)
  • 留学先の国:オーストラリア
  • 都市:シドニー
  • 学校名:UTS Insearch → UTS シドニー工科大学
  • コース・専攻:TESOLコース
  • これからTESOLを学ぶ方へ:おそらくどの大学においても本当に学ぶことが多く、日本では出来ない体験がたくさんできると思います。ぜひ皆さんにも一歩も二歩も踏み込んで、たくさんの発見をしてもらえたらと思います。

大学留学のよくある質問

Q.ファンデーションコースは必ず受けなければならないのですか?

ファンデーションコースを必須としている大学もありますが、ファンデーションコースを受けずに、BachelorやDiplomaコースへ進学できる大学もあります。

Q.返済不要の奨学金はありますか?

オーストラリアの大学には、給付型奨学金を提供している大学も数多くございます。

Q.IELTSのスコアを持っていません。

IELTSのスコアがなくても、大学独自のテストに合格できれば、進学できる大学もございます。
また大学付属英語学校の規定のコースを修了することで、IELTS免除となり、大学へ進学できるプランもございます。

Q.インターンシップはできますか?

多くの大学は、インターンシップを提供していますが、インターンシップを必須としている大学と選択肢のひとつとしている大学があります。

Q.アルバイトはできますか?

週20時間までアルバイトができます。ホリデー中はフルタイムで働くこともできます。

Q.人気のあるコースは?

最近は、ビジネス、IT、観光学、ホスピタリティー、看護、会計などが人気です。

Q.TAFEからの進学はできますか?

はい、可能です。TAFEで大学の1年次に必要な科目を履修することで、大学の2年次に編入できるプランがございます。

Q.大学留学のサポートは有料ですか?

大学留学のサポートもすべて無料です。
大学選び、大学の入学手続き、学生ビザの申請代行、滞在先の手配のサポートなど、すべて無料でサポートをさせていただいております。

大学情報

グリフィス大学

エリア ブリスベン、ゴールドコースト
入学時期
入学条件 ・IELTS: 6.5以上(各分野6.0以上)
・TOEFL: 575以上
・Internet-based (IBT) TOEFL: 79(各分野19)以上
・Pearson Test of English (Academic): 58(各スコア50)以上
・ISLPR: 3+ 以上
【英語基準を満たしていない場合】
以下の語学学校で、規定の成績をおさめることで、IELTSなどの英語試験が免除。
・グリフィス大学付属英語学校
・Langports English
・Navitas English
留学費用 代表的なコースの授業料
Diploma of Commerce $30,500
Diploma of Hotel Management $30,500
奨学金 あり
奨学金情報はこちら
プログラム ビジネス・政治学、教育学、エンジニア・IT、健康・保険、環境・建築学、人文学・言語学、音楽、科学・航空学、犯罪学・法律 Study Abroad Program(1年間休学留学)
Study Abroad Programは、主に大学生を対象として留学プログラムで、英語だけではなく、Griffith Universityのコースを聴講することができるプログラムです。
留学エージェントより グリフィス大学は、ブリスベンとゴールドコーストにキャンパスを持っています。ゴールドコーストキャンパスは、グリフィス大学最大の面積を持つキャンパスで、設備はトップクラス。憧れのキャンパスライフを送れるのは間違いなし!すばらしい環境です。ツーリズム、ホテルマネジメントが人気です。

西シドニー大学

エリア シドニー西部
入学時期 2月、7月
入学条件 スタディーアブロード(認定留学)
・一部の学部・専門コースを除きIELTSオーバーオール6.5以上(全科目6.0以上)
・Foundationコースは、IELTS6.0以上

【英語基準を満たしていない場合】
以下の語学学校で、規定の成績をおさめることで、IELTSなどの英語試験が免除。
・西シドニー大学付属英語学校
・Greenwich English College
・English Language Company
・Navitas English
留学費用 Bachelor of Arts $26,240
Bachelor of International Studies $26,240
Bachelor of Language and Linguistics $26,240
奨学金 あり
奨学金情報はこちら
プログラム ・通訳・翻訳コース
・ホスピタリティー
・ビジネス
・英語コース
・Study Abroad Program(1年間休学留学)
留学エージェントより 西シドニー大学のパラマタシティキャンパスは、最新設備があり、デジタル化が進み、キャンパスはきれいでスタイリッシュ、本当に素敵な大学でした。 パラマタにもうひとつある伝統的なキャンパスにも訪問させていただきましたが、そちらは所謂、海外のキャンパスという感じでした。

ディーキン大学

エリア バーウッド、ジーロング
入学時期 Trimester1:3月7日~6月16日
Trimester2:7月10日~10月20日
Trimester3:11月6日~2月16日
入学条件 ・Diploma コース入学:IELTS (Academic) 5.5
・Associate Degree, Bachelor コース入学: IELTS (Academic) 6.0 相当 以上
留学費用 Architecture and construction management $33,600
Business $32,200-$35,800
Communication and media $31,600-$33,600
奨学金 あり
奨学金情報はこちら
プログラム スポーツ、看護、ビジネス、メディア・コミュニケーション・クリエーティブアーツ、環境学、その他
留学エージェントより Deakin Universityは、スポーツサイエンスにおいて世界ランキング1位に君臨しており、スポーツ関連のコースをたくさん開講しています。
留学生の受け入れにも積極的で、奨学金も充実しています。
Deakin University English Language Institution (DUELI)(ディーキン大学付属英語学校)からDeakin Universityへ進学する人も多く、ビジネス、人文科学、医療、看護系に特に力を注いでいます。

タスマニア大学

エリア ホバート、ローンセストン、バーニー
入学時期 2月、7月
入学条件 1.ファンデーションプログラム→Diplomaコース→タスマニア大学2年次へ編入
2.ファンデーションプログラム→タスマニア大学
3.Diplomaコース→タスマニア大学2年次へ編入
4.TAFE→タスマニア大学2年次へ編入
5.大学へダイレクトに入学

※詳細条件は詳細ページへ
留学費用 Bachelor of Business $30,950/年
Bachelor of Design $29,950/年
Bachelor of Economics $30,950/年
奨学金 あり
奨学金情報はこちら
プログラム 南極地学・海洋学、看護、ビジネス、農業学、環境学、その他
留学エージェントより タスマニア大学の授業料は他の大学と比較すると非常に安くなっています。またタスマニア州は、生活費も安いことでも知られています。多くの学生は大学の徒歩圏内で生活しているので、経済的です。

アデレード大学

エリア 南オーストラリア州アデレード
入学時期 2月、7月
入学条件 IELTS6.0以上(アデレード大学カレッジは、IELTS5.5)
留学費用 Bachelor of Business:$46,000/年
Bachelor of Arts:$37,500/年
Bachelor of International Relation:$37,500/年
奨学金 あり
奨学金情報はこちら
プログラム ビジネス学部、理学部、建築学部、IT、数学部、経済学部、工学部、人文学、社会学部、ワイン学、鉱山学など
留学エージェントより オーストラリアの主要な大学8校から成る大学連盟Group of 8の一校。
治安がよく、物価が安いアデレードは、近年人気の留学先です。他の都市に比べて日本人は少なく、英語環境が整っています。

ウーロンゴン大学

エリア ニューサウスウェールズ州ウーロンゴン
入学時期 2月、7月、11月
入学条件 ・IELTS6.0以上
・TOEFL79以上
・規定の英語レベルに達していない場合は、ウーロンゴン大学付属英語学校のUOW カレッジにて、規定のコースを履修することで、IELTS免除でウーロンゴン大学に入学することが可能
留学費用 Bachelor of Business:$30,864/年
Bachelor of Arts:$27,936/年
Master of TESOL:$28,512/年
奨学金 あり
奨学金情報はこちら
プログラム 教養学部、商学部、法学部、教育学部、看護学、スタディーアブロード(認定留学)、English Plus Uni(英語・大学聴講)
留学エージェントより ウーロンゴン大学には、140以上の国から学生が集まっています。多文化なキャンパスでは、留学生が新しい生活環境になじみ、充実したキャンパスライフを送れるよう、幅広いサポートサービスを提供しています。

マッコーリー大学

エリア ニューサウスウェールズ州シドニー
入学時期 2月、7月
入学条件 1.ファンデーションコース→マッコーリー大学
2.Diplomaコース→マッコーリー大学2年次へ編入
3.大学へダイレクトに入学

※詳細条件は詳細ページへ
留学費用 Bachelor of Commerce:$40,800/年
Bachelor of Arts:$35,800/年
Master of Marketing:$40,800/年
奨学金 あり
奨学金情報はこちら
プログラム ビジネス、言語、TESOL、通訳翻訳、地理学、教育
留学エージェントより 留学生向けにさまざまなタイプの奨学金があります。2021年・2022年度内にコースをスタートされる日本国籍保持者には、年間5,000ドルの奨学金が給付されます。

フリンダース大学

エリア ベッドフォード・パーク、ビクトリア・スクエア、トンズリー
入学時期 2月、7月
入学条件 ・ファンデーション:IELTS5.5(各バンド5.0)
・Undergraduate:IELTS6.0(各バンド5.5)
・Postgraduate:IELTS6.0(各バンド6.0)
留学費用 Bachelor of Business:$34,200/年
Bachelor of Social Work:$31,500/年
Bachelor of Nursing (Graduate Entry):$38,300/年
奨学金 あり
奨学金情報はこちら
プログラム 看護学、ビジネス学部、環境、ヘルスサイエンス、IT、ツーリズム、ソーシャルワーク、国際学
留学エージェントより フリンダース大学は、看護学、エンジニア、デジタルメディア、ビジネス、ソーシャルワークが人気の大学です。およそ5,400名の留学生が在籍しており、90%以上の留学生から高評価を得ています。

サザンクロス大学

エリア ゴールドコースト、リズモア、コフスハーバー
入学時期 2月、6月、10月
入学条件 IELTS4.5からでも受講できるプログラムあり
留学費用 Bachelor of Business and Enterprise:$29,360/年
Master of Business Administration:$30,400/年
Bachelor of Early Childhood Education:$29,360/年
奨学金 あり
奨学金情報はこちら
プログラム 観光学(ツーリズム)、ビジネス、スポーツマネージメント、ホスピタリティー、Career Startプログラム(1年間休学・認定留学)
留学エージェントより サザンクロス大学を視察し、とても快適な留学生活を送れるだろうなと思いました。 大学の設備も充実していますし、最近はホテルスクールとも提携しはじめているので、観光学やホスピタリティーにおいて益々発展していきそうです。

ボンド大学

エリア クイーンズランド州ゴールドコーストロビーナ
入学時期 1月、5月、9月
入学条件 1.高校卒業→Diplomaコース→ボンド大学の2年次(Semester3)に編入
2.高校卒業→ファンデーションコース→Diplomaコース→ボンド大学の2年次(Semester3)に編入
3.高校卒業→ファンデーションコース→ボンド大学入学
4.高校2年修了→ファンデーションコース→ボンド大学入学

※詳細条件は詳細ページへ
留学費用 Bachelor of Business:$43,200/年
Bachelor of Creative Arts:$43,200/年
Bachelor of Sport Management:$43,200/年
奨学金 あり
プログラム 建築、ビジネス、デザイン、国際関係、クリエーティブメディア、ヘルスサイエンスなど
留学エージェントより オーストラリアは、2学期制の大学が多いですが、ボンド大学は、3学期制(Trimester)を導入。最短で学位を取得することができます。

滞在前のサポート

1.情報收集

自分の目的に合った学校探し、 語学学習に集中できる環境をつくる準備、現地での過ごし方を考えることは、留学を成功させるカギになるので出発前から滞在中のスケジュールを立てましょう。

2.学校・講師に直接確認

英語力をしっかり身に付けるためには、学校選びは とても大切です。ある程度学校が絞られてきたら、事前に学校や先生に連絡を取って、 授業の内容や学校の雰囲気、目的にあったコースを取るためにはどうすればよいかなどを確認します。

3.入学手続き

学校のお申込書の記入、ホームステイや学生寮、空港出 迎えの依頼などの手続きをします。記入方法を間違えてしまわないように、スタッフがお手続きを代行します。

4.事前英語学習をスタート

留学は時間が限られているので、少しでも早く現地の生活に慣れ、勉強に集中していただくためにも、事前に英会話力が上がるような勉強の仕方をアドバイスします。

5.ビザの申請

滞在先や期間により手続き方法が異なる上、 申請方法も 頻繁に変更されます。ピザの取得手続きに関しては、申請時の最新の情報に基づきアンアルウェンのスタッフが申請のサポートをしています。
※オーストラリアへのビザに関しては、代行することも可能です。

6.渡航手続き

航空券は、早めに予約をした方がお得に購入できる場合があるので出発日が決まったら、 航空券・海外留学保険の手配をします。 海外留学保険は、留学先での病気や怪我、航空券の遅延、 携行品の盗難などをカバーしています。

7.現地での計画をたてる

学校を卒業した後の過ごし方や、アルバイト先はどうするか、どのような留学生活を送ると将来役立つのかなど、将来のビジョンを常に意識し留学の期間をどう使うかを一緒に考えていきましょう。

8.質問が出てきたら、すぐにアンアルウェンに確認

出発が近づいてくると、 さまざまな質問が出てくると思います。 そんな時は、アンアルウェンのスタッフにメールやLINEで質問してください。 迅速にお返事ができるよう スタッフ一同体制を整えていますのでご安心ください。

9.出発前のオリエンテーション

出発前に最終オリエンテーションを実施しています(遠方の方はお電話で)。入国審査での英語、ホストファミリー宅への行き方、 通学方法、学校初日についてなど、出発前に知っておくべきことをすべてお伝えします。

10.出発

いよいよ、 留学先へ出発です!

滞在中のサポート

1.空港から滞在先までの送迎を手配

空港到着後、ホームステイ先へ現地日本人スタッフ、もしくは学校のスタッフが送迎します。確実に空港で送迎スタッフに会えるように、アンアルウェンが手配します。
※日本人スタッフの出迎えは、シドニー・バンクーバー・トロントが対象です。
送迎代は別途必要になります。

2.到着後オリエンテーション

両替の案内やバスや電車の乗り方、銀行口座の開設の案内、 携帯電話の契約方法まで、スタッフがご案内します。

3.シェアハウス探しのアドバイス

シェアハウスの探し方、良い物件の見分け方などをお伝えします。 現地のシェアハウスの基礎知識、マナー、ルールなどを学べます。

4.スーツケースなどの荷物をお預かり

旅行や日本への一時帰国の際に、 便利なお荷物お預かりサービスをご利用いただけます。

5.葉書・封書・郵便物お預かりサービス

銀行カードの受取、郵便物の受取先を現地オフィスにすることもできます。 特に到着直後は、ホームステイ先からシェアハウスへの移動などもあるので、住所が固定されていません。そんな時にも現地オフィス をご利用ください。

6.携帯電話の手配サポート

滞在先でも欠かせない携帯電話のレンタルや購入方法をご案内します。 携帯電話のプランやお支払方法 でもご案内し、現地でスムーズに携帯の契約ができるようにアドバイスします。

7.現地オフィスのインターネットのご利用

現地オフィスにある日本語対応のパソコンをご利用していただけます。 海外のインターネットカフェでは、30分3ドル程度かかりますので、 ぜひ無料インターネットをご利用ください。

8.在留届のご案内

海外に3ヵ月以上滞在する場合、領事館へ在留届の提出が必要になります。
在留届の提出方法、領事館の場所などをご案内します。

9.納税者番号取得のご案内

現地で仕事をするために必要な納税者番号の取得の仕方をご案内しています。 特に、ワーキングホリデー の方はアルバイトをするときには、必ず必要になる手続きですので、早目に手続きをしておきましょう。

10.現地での生活相談

英語の伸び悩みや学習方法、進路の相談、 その他生活面での悩みなど、スタッフにご相談ください。 現地に詳しい日本人スタッフが対応します。

  • カナダ留学
  • アンアルウェンの留学サポートブログ
LINE公式アカウント LINEで即対応します!