専門スキルアップ留学

英語教授法(TESOL)を学ぶ留学

英語教授法 TESOL (Teaching English to Speakers of Other Languages)

小学校の英語教育が義務化され、近年注目を集めているのがTESOL(英語教授法)です。現在の英語を教えている人、将来英語を教えたいと考えている人ならどなたでも受講できます。

コース内容は、具体的な英語の教え方、授業の組み立て方、英語教材の使い方、模擬授業研修などがあり、英語を教えるために必要な知識・技術を学ぶことができます。

英語力に自信がない人は、コース開始前に英語集中コースで事前に英語力を身につけましょう。

TESOLコースの授業内容

TESOLコースでは、「指導理論」と「実習」を組み合わせて、英語を母国語としていない人を対象にしたクラスを運営できるようにしていきます。

・プレゼンテーションのやり方
・リサーチの方法
・言語学
・異文化コミュニケーション論
・教材の選択方法
・文法・発音・スペル・スピーキング・リスニング・リーディング・ライティングの教え方
・専門英語の教え方など

オーストラリアでTESOLを学ぶメリット

移民大国のオーストラリアでは4人に1人は海外生まれと言われています。
英語を第二カ国語として使っている人も多いため、TESOLコースが充実しています。
英語圏でTESOLを学ぶことで、日常生活で使う英語も同時に習得できます。

必要な英語力

TESOLコースの入学基準は、専門学校の場合はIELTS6.0相当、大学の場合はIELTS6.5相当の英語力が必要になります。
IELTSのスコアを持っていない場合は、大学/専門学校と提携している語学学校の進学英語コースを受講することで、IELTSのスコアがなくても進学することができます。

必要な英語力

TESOLコースの入学基準は、専門学校の場合はIELTS6.0相当、大学の場合はIELTS6.5相当の英語力が必要になります。
IELTSのスコアを持っていない場合は、大学/専門学校と提携している語学学校の進学英語コースを受講することで、IELTSのスコアがなくても進学することができます。

卒業後の就職先

英語教師
小学・中学・高校の英語教師
英語教材の開発
海外派遣プログラム
留学エージェント

TESOLを勉強できる留学先

TESOLコースは、主に大学で開講されています。
CertificateとDiplomaコースは、語学学校や専門学校でも受講が可能です。

  • カナダ留学
  • アンアルウェンの留学サポートブログ
LINE公式アカウント LINEで即対応します!