専門スキルアップ留学

ツアープランナーを目指す留学

ツアープランナーの仕事

ツアープランナーは、旅行会社や旅行代理店で、お客様に『夢と感動の時間』を提案するプロフェッショナルです。仕事内容は、旅行の企画、手配、販売、添乗業務など多岐にわたります。
お客様に喜んでもらうために、旅行の企画をし、提供できるやりがいのある仕事です。

ツアープランナーの需要

近年は、海外からのお客様も多くなったことから、英語や中国語ができる人材を求める企業が多くなってきています。
日本だけではなく、日系企業の海外支店に勤務する人も増えてきています。

英語力はどのくらい必要?

ツーリズムをオーストラリア、カナダの大学で勉強する場合、IELTS6.0相当の英語力が必要になります。
専門学校になると、初級クラスから入学できる学校もあります。 まずはDiplomaコースに入学し、資格を取り、その後、大学へ編入することも可能です。その場合、英語力のハードルは低くなります。
英語力がない場合でも、専門学校や大学に入学する前に、一定期間語学学校に通い、英語力をつけることで、専門学校や大学に進学することが可能になります。

ツアープランナーになるためには…

現在の英語力、日本でツアープランナーをしたいか、それとも海外でツアプランナーをしたいか、どのくらいの期間留学がしたいかによっても、様々な留学プランがあります。

  • ツアープランナーを目指す留学プラン①
    旅行会社で旅行の企画・運営をしたい


    4ヶ月 語学学校
    日常会話・ビジネス会話を学ぶ

    1年間 専門学校
    Diploma of Travel and Tourism コースを受ける

    1ヶ月 TOEIC対策
    日本の企業での就職する際、有利になるTOEICを受けてから帰国

  • ツアープランナーを目指す留学プラン①
    現地添乗員になりたい


    8ヶ月 語学学校
    英語力ゼロの方でも、しっかりと勉強すると8~10ヵ月で日常会話ができるようになります。

    6ヶ月 専門学校
    Certificate IV in Travel and Tourism コースを受講

    6ヶ月 インターン
    海外でのインターンシップの経験は就職に有利

その他、留学の目的やご予算に応じて、様々な留学プランからお選びいただけます。

海外でツーリズム(観光学)を学ぶメリット

観光学に不可欠な英語力を学校だけではなく、日常生活からも習得できるため、海外の大学、専門学校でツーリズム(観光学)を専攻する人が年々増えてきています。
特に、オリンピックを経験しているバンクーバー、シドニーは、観光学を学ぶ留学先として人気があります。日本では考えられないほど、世界中から観光客が集まっている都市で、学習し経験を積むことで、帰国後も海外で学んだスキルを活かせます。
ツアープランナーは、企画力や交渉力も求められます。海外の学校では、幼いころから企画や交渉を学んでいくので、その環境で勉強することで、帰国後、スムーズに商談を進めていく力を身に付けられます。

  • カナダ留学
  • アンアルウェンの留学サポートブログ
LINE公式アカウント LINEで即対応します!