専門スキルアップ留学

ツーリズム(観光学)を学ぶ留学

観光学

政府が日本を観光立国にしたい理由は?!

日本政府は、2030年に外国人旅行客を年間6000万人とする目標を実現させたいという考えを示しました。
『観光先進国』への新たな国づくりに向けて、様々な対策をはじめています。

現在の日本では、景気の低迷や少子高齢化で、国内消費の拡大が難しくなっています。 そこで観光業に力を入れ、消費を促そうと考えられました。
日本には、海外の人に好まれる観光資源がたくさんあります。世界的に和食がブームになり、日本を訪れる一番の目的が「食」という外国人観光客が圧倒的に増えています。
また国土の7割を山地が占める日本列島は、豊かな自然の宝庫です。
そんな日本の自然の美しさに多くの外国人観光客も魅了されています。
最近は、ショッピングや芸術・舞台鑑賞、温泉、美容サロン、スキーやスノーボードも人気です。

「この観光資源を海外の人にどうアピールできるのか!?」

そこが課題です。

オーストラリアの観光学

観光学とは、観光に関わることをあらゆる角度から研究する学問です。 オーストラリアでは、観光学はビジネス学の一環として考えられています。 そのため、会計、運営、マーケティングなど観光業を支えるために必要なビジネス学も学ぶことができます。

オーストラリアは、観光大国として有名な国です。
他の国では体験できない観光プラン、独自で人を魅了する観光先と、世界に向けたマーケティング戦略を積み重ねてきた結果、オーストラリア旅行を何度するリピーターも多くいます。

また国民の大半が移民によって成り立つ移民国家です。多種多様な国から留学生を積極的に受け入れている教育機関も多く、言語や宗教、文化や習慣の異なる人々と出会うことができます。
そのようなオーストラリアで観光学、ホスピタリティやイベントマネジメントの学位を取得することは、世界中に活躍の場を広げ、グローバルな視野を身につけることができます。

ツーリズム(観光学)の授業内容

ツーリズムは、「観光産業の振興」、「観光によるコミュニティー作り」から構成されます。
旅行業、ホテル、航空会社などの経営問題や観光・リゾート開発などに関することを学び、新しいホスピタリティー、新しい観光サービスのあり方を模索し、事業化していくための方策を学びます。

オーストラリアで取得できる資格

  • Certificate I~IV
  • Diploma
  • Advanced Diploma
  • Bachelor(学士号)
  • Master(修士号)

卒業後の就職先

観光業は、今後、益々需要が高まっていくと予想されています。海外の専門大学、大学を卒業後の就職内定率は、99%と非常に高く、希望の職種に就ける可能性も高く注目が集まっています。

主な就職先
旅行業界
ホテル・旅館業界
レストラン業界
テーマパーク業界
航空業界

【大学選び】観光学を学べる大学ランキング

1位 グリフィス大学 Griffith University

オーストラリアは世界有数の観光大国ですが、中でもグリフィス大学があるクイーンズランド州は毎年2000万人以上の観光客が訪れるオーストラリア屈指の観光地です。 グリフィス大学は、世界大学学部別ランキング【観光・ホスピタリティー部門】で毎年上位にランクインする大学です。

2位 Blue Mountains International Hotel Management School

講師やインストラクターは、業界での経験があり、コネクションを多く持っています。すべてのプラグラムには有給インターンシップが含まれています。卒業から3か月以内に、卒業生の95%が希望する分野に就職しています。

3位 サザンクロス大学 Southern Cross University

世界中の観光客が集まる玄関口【ゴールドコースト空港】のすぐ隣にあり、キャンパスから海を一望できるすばらしい立地です。キャンパスも新しく、明るい雰囲気です。Diploma of Business経由で学士号コースに進学する方法も人気です。

  • カナダ留学
  • アンアルウェンの留学サポートブログ
LINE公式アカウント LINEで即対応します!